> > パナソニック、吹田市でスマートタウン構想 日本初「再エネ100タウン」へ

パナソニック、吹田市でスマートタウン構想 日本初「再エネ100タウン」へ

パナソニック(大阪府門真市)は9月13日、大阪府吹田市で多世代居住型健康スマートタウン「Suitaサスティナブル・スマートタウン(Suita SST)」のまちづくり構想を策定したと発表した。2020年春に着工、まちびらきは2022年春を予定している。

Suita SSTでは、エリア一括受電と、固定価格買取制度の適用が終了した「卒FIT」電気の活用、非化石証書の利用により、街区全体の消費電力を実質再生可能エネルギー100%で賄う、日本初の「再エネ100タウン」を目指す。また、住宅や電気自動車(EV)の蓄電池なども活用し、街全体でレジリエンス向上を図る。

023132-1

街の全景イメージ

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.