> > 栃木銀行、道路照明灯LED化のESCO事業にESG融資

栃木銀行、道路照明灯LED化のESCO事業にESG融資

栃木銀行(栃木県宇都宮市)は10月2日、栃木県道路照明灯LEDESCO事業(県央)を実施する事業会社に対して、環境省の利子補給制度「地域ESG融資促進利子補給事業」を利用したプロジェクトファイナンスを9月25日に実行したと発表した。今回の融資は、この利子補給事業を活用する全国で初めての融資になる。

このESCO事業は、栃木県が管理する県央地域の約6,500灯の道路照明灯について、栃木県との業務委託契約に基づき、LED照明灯へ更新し、10年間の維持管理と電気料金の削減保証を含めた包括サービスを栃木県に対して提供するもの。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.