> > 九州電力、出力制御量を9%程度低減 再エネ出力制御の運用を見直しへ

九州電力、出力制御量を9%程度低減 再エネ出力制御の運用を見直しへ

九州電力(福岡県福岡市)は10月9日、電気の供給量が需要量を上回ることが見込まれる際に、固定価格買取制度(FIT制度)に基づいて実施する、太陽光発電などの再生可能エネルギー出力制御の運用を一部見直すと発表した。

今秋以降は、再エネの出力制御において、制御前日における出力制御の指令量を減らし、当日の電力需給に近い段階で、より確実な必要量を制御することで、出力制御量の低減を図る。

今後の運用方法の考え方などは、以下の通り。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.