> > 台風15号による千葉の停電時、小学校の蓄電池付太陽光発電が活躍

台風15号による千葉の停電時、小学校の蓄電池付太陽光発電が活躍

スマートソーラー(東京都中央区)は10月11日、台風15号により一帯がすべて停電した千葉県鋸南町の鋸南小学校で、同社が設置した自家消費型蓄電池太陽光発電システムが停電時の非常電源として活躍したと報告した。被災した学校施設を片付ける際の掃除機の電源や、携帯電話の充電などに活用されたという。

このシステムは、太陽電池モジュール(合計30kW)で発電した電力を、直流(DC)のまま蓄電するDCリンク方式により、蓄電池(合計32kWh)に充電する。その直流電力は、パワコン(合計31kW)により交流電力に変換し、学校内の特定負荷に電力を供給している。

O&Mチームが迅速に対応

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.