> > コープみらい、首都圏3店舗をFIT電気100%に 木質バイオ発電から調達

コープみらい、首都圏3店舗をFIT電気100%に 木質バイオ発電から調達

画像はイメージです(© paylessimages / amanaimages PLUS)

生活協同組合コープみらい(埼玉県さいたま市)は11日1日から、東京都・埼玉県・千葉県内の3店舗で使用するすべての電力を再生可能エネルギーで発電したFIT電気(再生可能エネルギーのうち固定価格買取制度を適用する電気)に切り替えた。

対象となる3店舗は、コープひばりが丘店(東京都西東京市)、コープ南浦和店(埼玉県さいたま市)、コープ新松戸店(千葉県松戸市)。

再生可能エネルギーで発電したFIT電気は、コープデリ生活協同組合連合会(埼玉県さいたま市)が出資・協力している横須賀バイオマスエナジー(神奈川県横須賀市)の横須賀バイオマス発電所(発電出力:6,950kW、年間送電量:約5万MWh)で発電され、地球クラブ(東京都渋谷区)を通じて調達する。

伐採木・剪定枝や建設現場の木くずなど燃料に

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.