> > 出光興産、油槽所の大型蓄電池を活用したVPP実証に参画

出光興産、油槽所の大型蓄電池を活用したVPP実証に参画

出光興産(東京都千代田区/出光昭和シェル)は11月7日、リソースアグリゲーターを務める横河ソリューションサービス(東京都武蔵野市)とともに、経済産業省が公募する2019年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業」に、昨年に引き続き参画すると発表した。

同事業は、2019年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業費補助金」を受け、関西電力(大阪府大阪市)がアグリゲーションコーディネーターとして実施する「関西VPPプロジェクト」の一環で行われる。

2018年度の同事業では、出光興産は、同社グループの西部石油(東京都千代田区)山口製油所(山口県山陽小野田市)の自家発電設備を活用して実証を行った。今年度の実証事業は、これに続くものだ。

同社は、2019年度の実証では、同社グループの油槽所である新潟石油製品輸入基地(新潟県新潟市)と、潤滑油を製造するシェルルブリカンツジャパン(東京都港区)の神戸事業所(兵庫県神戸市)の2カ所に、大型蓄電池を新たに設置する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.