> > NTTアノードエナジー、分散エネルギー分野注力 年間1000億円投資

NTTアノードエナジー、分散エネルギー分野注力 年間1000億円投資

NTTアノードエナジーは11月12日、設立式典で事業計画を公表した。バックアップ電源事業やVPP事業、グリーン電力事業、電力小売事業、新サービス事業など5つの事業(B2B2Xモデル)で2025年に売上規模6000億円を目指す。また、同年までに分散エネルギー基盤に年間1000億円規模の投資を行うとしている。

設立式典で発表された「NTTアノードエナジー 中期ビジョン」では、自社の役割として「顧客価値創造」「社会基盤の強化」「環境適合」を軸にエネルギー流通を補完する新たな仕組みをつくり、持続可能な社会の実現を掲げた。

顧客価値創造・社会基盤の強化・環境適合軸に展開

中期ビジョンの主な内容は、以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.