> > 大阪府の太陽光発電・蓄電池共同購入事業 アイチューザーを事業者に決定

大阪府の太陽光発電・蓄電池共同購入事業 アイチューザーを事業者に決定

写真はイメージです(© PantherMediaGmbH / amanaimages PLUS)

大阪府は1月10日、「太陽光発電及び蓄電池システムの共同購入支援事業」の支援事業者としてアイチューザー(東京都品川区)グループによる共同事業体を決定、協定の締結を発表した。これは、太陽光発電と蓄電池システムの共同購入を希望する大阪府民(購入希望者)を募り、スケールメリットを活かした価格低減、府民と施工事業者のマッチングを促進するもの。太陽光発電システム等の設置を後押しすることを目的としている。

大阪府・大阪市が共同で設置する「おおさかスマートエネルギーセンター」では、「おおさかエネルギー地産地消推進プラン」に基づき、再生可能エネルギーの普及拡大や省エネルギーの推進に向け、さまざまな取り組みを行っている。今回の共同購入支援事業は、太陽光発電と蓄電池システムのさらなる普及拡大を図るため新たに実施された。

なお、同事業に要する経費は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.