> > 九州の市として初、鹿児島市がゼロカーボンシティを宣言

九州の市として初、鹿児島市がゼロカーボンシティを宣言

鹿児島市は1月15日、地球温暖化によるリスクを低減し持続可能な未来を実現するため、『2050年までにCO2排出実質ゼロ』を目指す「ゼロカーボンシティかごしま」を宣言した。

同市では現在、南国という立地特性を活かした再生可能エネルギーによるエネルギーの地産地消、一般廃棄物を活用した再生可能エネルギーの創エネ、電気自動車(EV)燃料電池車の普及促進、家庭・事業所などでのエコスタイルへの転換などに取り組んでいる。また、今後の取り組みとして、令和3年度の「第三次環境基本計画」「第二次地球温暖化対策アクションプラン」等に、CO2排出実施ゼロを見据えた具体的施策を盛り込むとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.