> > 千代田化工建設、豪州企業と提携 水素の生産体制を強化へ

千代田化工建設、豪州企業と提携 水素の生産体制を強化へ

画像はイメージです

千代田化工建設(神奈川県横浜市)は2月12日、豪州のHAZER GROUP LIMITED(Hazer社/本社:豪州パース市)と、Hazer社が開発したメタンから水素およびグラファイトを高効率で生産するHZAER(R) Processの日本における商業展開に関する覚書を締結したと発表した。

両社はこの締結により、HZAER(R) Processを活用し、日本国内で未利用となっているバイオマスやその他メタン資源などから、水素とグラファイトを生産できる設備を開発し、『地産地消型』水素サプライチェーンのビジネスモデル構築に取り組む構えだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 45 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.