> > 燃費測定の保安基準改正 燃料電池・電気自動車同士の環境性能比較が可能に

燃費測定の保安基準改正 燃料電池・電気自動車同士の環境性能比較が可能に

画像はイメージです

国土交通省は4月1日から、道路運送車両の保安基準などが改正され、国際基準(WLTP)に基づく燃費・電費測定が義務化されたと発表した。

同改正により、今後は燃料電池自動車電気自動車も対象となるため、同種自動車同士の環境性能を国際基準によって比較することができるようになり、より環境性能の優れた自動車の選択が可能となる。

燃料電池自動車同士の環境性能の比較が可能に

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.