> > 戸田建設ら、建設現場の再エネ活用で実証研究 移設できる創蓄システムを検証

戸田建設ら、建設現場の再エネ活用で実証研究 移設できる創蓄システムを検証

太陽光パネル設置状況(出所:戸田建設)

戸田建設(東京都中央区)は4月28日、完全子会社の佐藤工業(福島県福島市)、村田製作所(京都府長岡京市)と共同で、福島県の再生可能エネルギーの導入を支援する補助金を活用し、2019年度に引き続き、建設現場における再エネ活用と移設容易な「創蓄システム」の実証研究を実施すると発表した。

同実証実験では、福島県の建設現場に、移設できる太陽光発電システムと蓄電池システムを設置することで、建設現場での再生可能エネルギー利用の有効性を検証している。さらに、専用のソフトウェアを開発することで長い河川、道路や山間部などの点在する施工現場で蓄えたエネルギーを一括管理するシステムも合わせて検証している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.