> > PKS燃料を初出荷、国内バイオマス発電事業者に テス・エンジニアリング

PKS燃料を初出荷、国内バイオマス発電事業者に テス・エンジニアリング

4月28日 Tanjung Buton港にて 初出荷の様子

テス・エンジニアリング(大阪府大阪市)は5月11日、日本国内のバイオマス発電事業者に向けて、インドネシアの港で初出荷したパーム椰子殻(PKS)燃料が5月8日に日本に着港したと発表した。今後、長期契約とスポット取引でのPKS燃料の販路拡大に、積極的に取り組んでいく。

これは、同社の子会社であるPT International green Energy(IGE社/インドネシア)が、4月28日(現地時間)にインドネシア・Tanjung Buton港にて、日本国内のバイオマス発電事業者との長期販売契約に基づくPKS燃料1万トンの船積みを完了させ、初出荷したもの。IGE社は4月よりPKS燃料の販売を開始しており、年間取扱量24万トンを予定している。

高品質なPKS燃料の出荷体制を整備

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.