> > 日産・東北電力など EV+定置型蓄電池活用、VPP構築実証事業を開始

日産・東北電力など EV+定置型蓄電池活用、VPP構築実証事業を開始

クリックで拡大します
(出所:日産)

日産自動車(神奈川県横浜市)、三井物産(東京都千代田区)、東北電力(宮城県仙台市)など6社は11月16日、定置型蓄電池、電気自動車(EV)蓄電池など複数のエネルギーリソースを遠隔・統合制御することにより、バーチャルパワープラント(VPP)の需給調整への活用について検証する実証プロジェクトを開始したと発表した。

2019年度に引き続き、経済産業省資源エネルギー庁補助事業「VPP構築実証事業」の採択を受けて実施する。2019年度は、EVの蓄電池を活用し、蓄電池を電力系統に接続して充放電する技術(V2G)の構築に取り組んできたが、2020年度はこれまでの取り組みを拡張し、接続リソースを増やして技術実証とビジネスモデル検討をさらに深掘りする。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.