> > ソフトバンク、SBT認定を取得 2030年にGHG排出実質ゼロへ

ソフトバンク、SBT認定を取得 2030年にGHG排出実質ゼロへ

(出所:ソフトバンク)

ソフトバンク(東京都港区)は6月24日、2030年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル2030宣言」で掲げる目標が、国際的気候変動イニシアチブのSBTiによって科学的根拠に基づいた「SBT(Science Based Targets)」に認定されたと発表した。

同社は今後、全国約23万カ所(2020年3月末時点)の携帯電話基地局などで使用する電気を段階的に実質再生可能エネルギーによる電気に切り替える他、AI(人工知能)やIoTなどの最先端テクノロジーを最大限に活用し、自社の施設・設備の省電力化を推進していく。また、社会における再生可能エネルギーの普及に貢献するため、次世代電池の実用化に向けた開発を推進するとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 45 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.