> コラム > 太陽光以外にも適用範囲が広いグリーン投資減税

太陽光以外にも適用範囲が広いグリーン投資減税

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

グリーン投資減税の範囲は、実は、思いのほか広い。風力発電、バイオマス発電その他再生可能エネルギー関連は、範囲として多少知られているが、プラグインハイブリッド自動車等にも適用がある。

昨年までは、熱電併給型動力発生設備(いわゆるコージェネレーション設備)、ハイブリッド建設機械、ガス冷房装置、高断熱窓設備(高断熱窓装置又は高断熱窓ガラス)、高効率照明設備等にも、グリーン投資減税の適用があったが、本年平成26年度の税制改正により除外された。この点については、「生産性向上設備投資促進税制に移行」という説明がなされている。

(※全文:1,478文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.