> コラム > 接続回答保留問題、9月~12月の動き

接続回答保留問題、9月~12月の動き

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2014年9月24日の九州電力の発表に端を発した「九電ショック」。北海道・東北・四国電力も追随。FITの見直し議論も活発化する。電力各社や経済産業省、自治体等の動向を追った。

【9月24日】九州電力が再エネ発電に対する接続回答保留を発表

九州電力では、本年3月に太陽光発電の接続契約申し込みが集中。そのため、受け入れ可能量の検討を行う間、再エネ発電設備に対する既存及び新規の申込みへの回答を、25日より数ヶ月保留すると発表した。

(※全文:3,487文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.