> コラム > 蓄電池を活用した分散型電力社会が到来

蓄電池を活用した分散型電力社会が到来

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光風力などの再生可能エネルギーなどと組み合わせて、蓄電池を設置することにより、蓄電池を社会インフラととらえ、蓄電池や次世代自動車間の電力融通等も活用しつつ、非常時に中央からの給電が停止した場合でも、一定期間、一定の地域で自立的に電力供給を可能とする社会が始動する。

蓄電池を中心とした社会インフラを活用することにより、電力の需要サイドが自立性を高め、ピーク対策や再生可能エネルギーの大量導入を進めて系統との相互補完の中で効率的な分散型エネルギーシステムが実現する社会がいよいよスタートする。

(※全文:2,525文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.