> コラム > 第1回 リサイクルとあるべきコンプライアンス 食品業界編
食品廃棄物モラルハザード

第1回 リサイクルとあるべきコンプライアンス 食品業界編

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

食品ロスを減らすため、食品廃棄物の削減・リサイクルが課題とされる中で、2016年1月に食品廃棄物が処理されずに不正に転売されていたという衝撃の事件が発覚した。大手カレーチェーンの廃棄冷凍カツをはじめ、数多くの食品・飲料品の転売が明らかとなった。その後、2016年12月に不正な転売を行っていた産業廃棄物処理業者「ダイコー」の会長に有罪判決(法人としてのダイコーにも罰金50万円)が名古屋地裁から言い渡された。

この食品不正転売事件を受けて環境省は再発防止のために、食品リサイクル法の判断基準省令の見直しと不正転売防止のためのガイドラインの策定の審議を行っている。2016年11月25日には省令改正に関するパブリックコメントが実施された。

(※全文:2951文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

食品廃棄物モラルハザード バックナンバー

この記事の著者

白石 遼(しらいし・りょう)

株式会社ユニバース所属/産業廃棄物コンサルタント

大阪府出身。大阪府立大学人間社会学部卒業。ジェネスグループに入社後、実際に建設工事現場の現場管理業務も経験。その後、コンサルティング事業部である株式会社ユニバースに所属。現在は現場経験を活かし排出事業者・処理業者への産業廃棄物のコンサルティングを行っており、大手メーカーの環境教育も担当している。

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.