> コラム > 省エネだけじゃないLED照明の有効利用(3)省エネにもなる多灯分散照明方式とは
考える照明

省エネだけじゃないLED照明の有効利用(3)省エネにもなる多灯分散照明方式とは

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

連載(1) / 連載(2)

日本の住宅では、部屋全体を照らすシーリングライトを部屋の中央に取り付ける「一室一灯照明方式」が一般的です。この手法では、均一な明るさが得られますが、この部屋でくつろぐことは出来るでしょうか?シーリングライトもLED化によって、調色(光色可変)・調光(明るさ可変)タイプが主流となっていますが、上方から降り注ぐ光は、昼間の自然光のようで、活発に活動する場合には適していますが、明日への活力を養うために体をリラックスさせるための住宅の光には適していません。

シーリングライトが多く用いられる理由の一つは、シーリングライトには「何畳用」という目安があり、誰でも選びやすいためでしょう。

(※全文:1682文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

考える照明 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.