> コラム > ESG投資で注目される従業員・サプライヤーへの配慮とは?(第3回 後編)
企業価値を高めるESG投資

ESG投資で注目される従業員・サプライヤーへの配慮とは?(第3回 後編)

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

人材育成

冒頭の「人財」と最も縁の深い分野がこの育成である。日本企業ではOJT(On-the-job training)により、それぞれの職場に応じた研修が日常業務の一環として行われるのが通例である。もちろんその有用性を否定するものではないが、投資家視点では属人的かつ効果が把握しにくいために、OJTによほどの特徴がない限り評価するのは困難である。

(※全文:2953文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.