企業価値を高めるESG投資

ESG投資で注目される従業員・サプライヤーへの配慮とは?(第3回 後編)

  • 印刷
  • 共有

(前編はこちら

人材育成

冒頭の「人財」と最も縁の深い分野がこの育成である。日本企業ではOJT(On-the-job training)により、それぞれの職場に応じた研修が日常業務の一環として行われるのが通例である。もちろんその有用性を否定するものではないが、投資家視点では属人的かつ効果が把握しにくいために、OJTによほどの特徴がない限り評価するのは困難である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事