> コラム > ESG重視で変化、社会に利益をもたらすコーポレートガバナンス(第4回 後編)
企業価値を高めるESG投資

ESG重視で変化、社会に利益をもたらすコーポレートガバナンス(第4回 後編)

コーポレートガバナンス・コードにおけるESG要因の言及

先述の通り、コーポレートガバナンス・コードの第2章がESG要因について触れているが、その見出しをまとめたものが表2である。直接的にESG要因に言及しているのは原則2-3であり、その他の原則では具体的な適用について述べている。

表2 コーポレートガバナンス・コード第2章の構成(2018年改訂案)

原則 タイトル
2-1 中長期的な企業価値向上の基礎となる経営理念の策定
2-2 会社の行動準則の策定・実践
2-3 社会・環境問題をはじめとするサステナビリティーを巡る課題
2-4 女性の活躍促進を含む社内の多様性の確保
2-5 内部通報
2-6(新設) 企業年金のアセットオーナーとしての機能発揮

出所:金融庁「コーポレートガバナンス・コード原案~会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために~(改訂案)」より日本総合研究所作成

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.