企業価値を高めるESG投資

SDGs対応が投資家評価のカギに(第2回 後編)

  • 印刷
  • 共有

SDGsに対する投資家の視点

(前編はこちら

上記の通りSDGsは国連での採択からわずか2年で急激に国内外において認知されるようになった。また先述の株価指数の出現に見られるように、ESG側面に関する企業と投資家との間の対話の糸口としてもSDGsは定着しつつある。既に日本の時価総額上位500社の約半数弱がSDGsに関連した何らかの情報を開示している。しかし開示情報は企業によってまちまちで、SDGsの流行に乗っただけで、その本質的な解釈が後回しとなっている事例が散見される。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事