> コラム > バイオ・プラスチックはプラごみ削減の救世主となるか
欧州発・廃プラの潮流

バイオ・プラスチックはプラごみ削減の救世主となるか

「使い捨てプラスチックを撤廃する」との宣言が相次いでいる。マクドナルドが英国・アイルランドの1,300店舗でストローなどを、ネスレ(本社スイス)や、イケア(スウェーデン発祥、本社オランダ)はパッケージやおもちゃ製品などから使い捨てプラをなくすという。

今年前半、著名企業のこうした動向が報じられて、『脱・使い捨てプラ』の動きは、日本でも注目されるようになった。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 96 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.