SDGsセミナーレポート

2030年SDGs達成に企業の力は不可欠

  • 印刷
  • 共有

2015年の「国連持続可能な開発サミット」で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。「世界を変革する」「誰一人取り残さない」といったスタンスを核に2030年に向け世界が取り組むべき17の目標と169のターゲットで構成されている。SDGsの概要と企業経営への活かし方について国連大学上級副学長、国際連合事務次長補 沖大幹氏が講演した。

国連大学上級副学長、国際連合事務次長補 沖大幹氏

企業価値毀損回避のためのチェックリストとして活用

従来の国連の開発目標が途上国向けだったのに対し、SDGsは、先進国内での『格差』にも取り組むことが掲げられており、また「169ものターゲットがあると、その中で、自分たちの仕事につながることがある」(国連大学上級副学長、国際連合事務次長補 沖大幹氏)ため、結果として幅広い人に受け入れられつつあるものになっている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報