もっと「ESG」に、木質バイオマス利用

小規模な木質バイオマス熱電併給の運用事例

前回は自治体におけるSDGsの取り組みをご紹介いたしましたが、今回は、再生可能エネルギーを活用する事業者からのSDGsのアプローチをご紹介させていただくことを考えています。

地域と共生する木質バイオマス事業展開

木質バイオマスで言えば、発電出力が2,000kW以下で、国内の燃料材を活用され、かつ熱利用もされている、「熱電併給」システム、いわゆるコージェネレーションシステムの利活用が近年、大きな注目を集めています。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報