21世紀におけるESG経営とは

統合報告書から読み取るESG経営の開示 日本企業3社の分析

  • 印刷
  • 共有

日本企業の「統合報告書」の発行は500社近くにのぼっているといわれており、ESG投資への関心の高まりとともにその数はさらに増えることが見込まれている。統合報告書は企業経営者がどの程度ESG経営について真摯に考え、統合思考での経営を実践しているかを映し出す鏡となり得る。日本企業の統合報告書から企業の「統合思考経営」のレベルを探るべく、特に優れた統合報告書として評価されている1)MS&ADホールディングス、2)日本精工、3)丸井グループの3社を分析する。

024436-2
画像はイメージです

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報