21世紀におけるESG経営とは

イントロダクション ESG推進のための投資家と企業との対話

  • 印刷
  • 共有

上場株式の保有構造は過去50年で大きく変わり、これに伴い、機関投資家の存在意義や運用方針も変化しつつある。資産運用のインデックス化が進む中で注目されたのが「エンゲージメント」であり、最終的な受益者である一般市民の利益を守り、地球規模の環境と人類の持続可能性を高めるために、投資家と企業の対話による、ESGの取り組みが強く求められている。ESG経営の本質とは何か。21世紀のESG投資とESG経営がどのように発展していくべきか。6回のシリーズを通して論じていく。

画像はイメージです(© Nobuyuki_Yoshikawa / amanaimages PLUS)

画像はイメージです(© Nobuyuki_Yoshikawa / amanaimages PLUS)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報