第17回環境ビジネスフォーラム「企業・自治体での再エネ活用」

SDGs未来都市の横浜市、2050脱炭素化へ8つの「重点施策」を展開

  • 印刷
  • 共有

脱炭素化に取り組む自治体が増えている。「SDGs未来都市」である横浜市の取り組みについて、同市温暖化対策統括本部副本部長の奥野 修平氏が語った。

025399-2
横浜市
温暖化対策統括本部 副本部長
奥野 修平氏

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事