> コラム > 太陽光発電市場の独り立ちは自家消費がけん引(後編)海外では共同自家消費も
環境ビジネスフォーラム「環境経営の実践―持続可能で強靭なリデザイン」

太陽光発電市場の独り立ちは自家消費がけん引(後編)海外では共同自家消費も

日本総合研究所 段野孝一郎氏が語る、再エネ型経済社会の創造に向けた政策や太陽光発電をはじめとする国内外の先進事例。後編では海外の事例などを解説する。

(前編はこちら

海外では「共同自家消費」「カーボンネガティブ」導入

再エネ大量導入を実現するためには、コストの問題も避けて通れない。海外に目を向けると、スペインやドイツでは既に太陽光発電自家消費による発電コストが既存の電力コストと同等かそれより安価になりつつある(グリッドパリティ)。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 82 %

環境ビジネスフォーラム「環境経営の実践―持続可能で強靭なリデザイン」 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.