> コラム > 2050年脱炭素化のカギを握る「グリーンイノベーション」(前編)
環境ビジネスフォーラム「環境経営の実践―持続可能で強靭なリデザイン」

2050年脱炭素化のカギを握る「グリーンイノベーション」(前編)

2050年のカーボンニュートラルを実現するのに必要なイノベーション技術とは何か。地球環境産業技術研究機構副理事長・研究所長の山地憲治氏は省エネ、再エネ、電化、水素、ネガティブエミッション技術から、さらに社会システム・ライフスタイルの革新までを総動員することが必要と提唱する。

脱炭素社会に不可欠なイノベーションのあり方

脱炭素社会への道筋をつけるためには、どのようなグリーンイノベーション戦略が必要なのか。日本の2050年カーボンニュートラル達成の鍵をにぎる「脱炭素社会に向けたグリーンイノベーション―現状と今後のビジョン」をテーマに山地氏が講演した。山地氏は、2020年7月に設置され、脱炭素社会に不可欠なイノベーションのあり方を検証する「グリーンイノベーション戦略推進会議」の座長を務めている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.