> コラム > 国環研・江守氏が解説 なぜ「環境経営」が重要なのか(後編)
環境ビジネスフォーラム「環境経営の実践―持続可能で強靭なリデザイン」

国環研・江守氏が解説 なぜ「環境経営」が重要なのか(後編)

026954-2

国立環境研究所
地球環境研究センター 副センター長
江守正多 氏

再エネの主力電源化で温室効果ガス実質ゼロを目指す

平均気温上昇を1.5℃に抑えるためには、2050年ごろまでに、CO2の排出量を実質ゼロにする必要があるという計算だ。「実質ゼロ」とは、人間活動によるCO2の排出量と、植林など人間活動による吸収量を均衡させることを意味し、そのためには、排出を完全にゼロにしないまでも、ゼロに近づけなくてはならない。

では、どうすれば実質ゼロを実現できるのか。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

環境ビジネスフォーラム「環境経営の実践―持続可能で強靭なリデザイン」 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.