> コラム > 「SCOPE1、2、3」排出量算定の手順
環境ビジネス 基礎ゼミナール

「SCOPE1、2、3」排出量算定の手順

企業のサプライチェーン上のCO2排出量である「SCOPE1,2,3」の算定に当たっては、その目的や対象範囲を明確にし、自社のサプライチェーン上の排出量を体系的に把握していくことが重要である。本講義では、SCOPE1,2,3算定の基本的な進め方について解説する。

目的の明確化

SCOPE1,2,3算定にあたっては、まずその目的を明確にすることが重要である。SCOPE1,2,3は、自らの排出だけではなく、購入した製品や原材料、サービスに伴う排出や、輸送に伴う排出、さらには製造・販売した製品・サービスの流通・使用・廃棄段階での排出など多岐に及ぶ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.