> コラム > パナソニックが目指す「CO2排出ゼロ」の工場づくり 水素活用のRE100
ゼロエミッション工場を実現する先進工場事例

パナソニックが目指す「CO2排出ゼロ」の工場づくり 水素活用のRE100

環境ビジネス編集部

パナソニックは、2017年6月に環境経営における長期ビジョン『パナソニック環境ビジョン2050』を策定。ビジョン実現へ向けた取組みの1つとして〈CO2ゼロの工場づくり〉をグローバルで進めている。工場の脱炭素化を含めた同社の環境ビジョンについて、環境経営推進部の野上若菜氏に聞く。

野上若菜 氏

パナソニック株式会社 品質・環境本部
環境経営推進部 グローバル環境推進課
エネルギー革新ユニット

エネルギーを軸とした環境ビジョン

パナソニックは5月27日、グループとして地球環境問題の解決を最優先課題と捉え、2030年までに自社での生産や事業活動に伴うCO2排出量を実質ゼロ化すると発表した。

同社の環境経営は、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.