> > ファイトレメディエーション

環境用語集

ファイトレメディエーション【ふぁいとれめでぃえーしょん】

ファイトレメディエーションとは

植物による吸収、蓄積および代謝、分解等の機能により、土壌、水等から汚染物質を除去する環境修復技術。

現在、約400種類の重金属高蓄積植物が発見されており、環境修復の現場で使われている。また、有害有機性物質や放射性物質についても有効であることが確認されている。低濃度・広範囲な土壌汚染浄化にも適応可能であり、低コストでCO2放出などの環境負荷がほとんどなく環境保全維持にも有用な環境調和型の技術。

環境省では「平成25年度低コスト・低負荷型土壌汚染調査」として住友林業の「日本シバによる油汚染土壌のファイトレメディエーション」を選定し、実証事業の費用を助成している。

(国立環境研究所 植物を用いた金属汚染土壌浄化(ファイトレメディエーション)より引用)

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.