> > 気候変動枠組条約(UNFCCC)

環境用語集

気候変動枠組条約(UNFCCC)【きこうへんどうわくぐみじょうやく】

気候変動枠組条約(UNFCCC)とは

気候変動に関する国際連合枠組条約(United Nations Framework Convention on Climate Change)の略称。

地球温暖化対策に世界全体で貢献していくことを定めた国際的な条約。国連の下、大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを究極の目標として採択、1992年5月に採択され、6月にリオデジャネイロで行われた地球サミットで150カ国以上が署名、1994年3月に発効した。日本は1993年に批准している。

この条約は地球温暖化防止についての枠組を規定したものであり、具体的な削減義務までは規定されていない。削減義務等については条約の締約国が集まって開催される締約国会議(COP:Conference of the Parties)に委ねられている。

2014年12月、ペルー・リマで2020年以降にスタートさせる温暖化対策について議論する第20回締約国会議(COP20)及び京都議定書第10回締約国会合(COP/CMP10)が開催され、温暖化ガス削減の目標等の取組みに示す情報等を定めた合意文書「気候行動のためのリマ声明」が採択された

(外務省 気候変動に関する国際連合枠組条約の要旨より引用)
(全国地球温暖化防止活動推進センター 気候変動枠組条約の概要より引用)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.