> > バイオレメディエーション(生物浄化法)

環境用語集

バイオレメディエーション(生物浄化法)【ばいおれめでぃえーしょん】

バイオレメディエーション(生物浄化法)とは

微生物等の働きを利用して汚染物質を分解等することによって土壌や地下水などの環境汚染の浄化を行う技術。

多様な汚染物質への適用可能性があり、投入エネルギーが少なく、浄化費用も低く済む可能性があるなど、将来の主要技術の一つになると考えられている。

バイオレメディエーションを用いた新たな環境浄化技術が開発されており、2013年8月、新日鉄住金エンジニアリングは「原位置バイオ技術」を確立し、浄化水準・費用・期間等の予測を確実に行えるようにした。

また、2013年10月、島津製作所はバイオレメディエーションの浄化効率を促進させる技術として活用できる「電気加温法」による揮発性有機化合物(VOC)汚染土壌の浄化システムを開発した。

(環境省 微生物によるバイオレメディエーションより引用)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.