> > 地球温暖化対策税

環境用語集

地球温暖化対策税【ちきゅうおんだんかたいさくぜい】

正式名称「地球温暖化対策のための税」。低炭素社会の実現に向け、再生可能エネルギーの導入や省エネ対策をはじめとする地球温暖化対策を強化するため、平成24年10月1日からが段階的に施行された。

石油・天然ガス・石炭といったすべての化石燃料の利用に対し、CO2排出量に応じて広く公平に負担を求める。急激な負担増を避けるため、税率は3年半かけて3段階に分けて引き上げられる。平成26年4月1日からは2段階目の税率が適用されており、2015年2月現在の税額は石油:500円/kL、ガス520円/t、石炭440円/tとなっている。税収は平成28年度以降で2,623億円と見込まれており、再生可能エネルギー大幅導入、省エネ対策の抜本強化等に活用されることになっている。

(環境省 地球温暖化対策のための税の導入より引用)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.