環境用語集 kWとkWhの違い

電力の単位であるW(ワット)は、電流(A)×電圧(V)で計算される。つまり、その瞬間に流れる電気の大きさを示すもの。通常は1,000Wを基本単位とし、キロワット(kW)で表す。

一方、kWhは、一定の時間に使われた電力の総量で、電力量といわれるもの。

例えば、1kWの出力がある発電機が3時間稼働すると、1kW×3時間(h)で、3kWhの電気エネルギー量を消費することになる。

環境用語集TOPへ

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報