> > 2012年度 産業用太陽光発電システムSI市場 前年比4.6倍の4800億円に拡大

2012年度 産業用太陽光発電システムSI市場 前年比4.6倍の4800億円に拡大

記事を保存
2012年度 産業用太陽光発電システムSI市場 前年比4.6倍の4800億円に拡大

富士経済は、2012年7月より施行された固定価格買取制度(FIT)により需要拡大が期待される「太陽光発電システム」や「風力発電システム」「地熱発電システム」「小型水力発電システム」をはじめ、それら不安定な自然エネルギーの普及により必要性が高まっている「蓄電システム」、新エネルギー関連として注目される「燃料電池システム」や「ヒートポンプ式給湯システム」の国内市場を調査し、その結果を報告書「2012優遇政策導入で加速するエネルギーBOS市場の現状と将来展望」として発表した。

これによると、2012年度の産業用太陽光発電システムSI市場は、FITの実施と震災後の電力供給不安の対策で需要が拡大し、前年比4.6倍の4800億円と増加が見込まれる。また、2012年度の産業用風力発電システムSI市場は、陸上での設置適地が減少し、2010年には補助金も打ち切られ、新たな設置は困難な状況にあるため、前年比4.0%減の240億円が見込まれる。今後は洋上設置にシフトしていくと見られ、2020年度には2011年度比4.5倍の1120億円が予測されている。

2011年度の国内エネルギーBOS-SI市場は、FIT待ちの産業・業務用が伸び悩んだことから微増に留まったが、2012年度は前年度の反動で大幅に伸び、2011年度比33.0%増の1兆5173億円が見込まれる。2012年度は産業・業務用が市場拡大を牽引したが、中長期的には住宅用太陽光発電システムを中心とする住宅用が市場拡大を牽引すると予想されている。

市場は、太陽光や風力などの発電システムの構成比が高い。2011年度の発電システム市場は産業・業務用と住宅用を合わせて8000億円程度だったが、2012年度は1兆円を超える見込み。給湯システム市場は、震災後オール電化に対する風当たりが厳しく縮小傾向。蓄電システム市場はまだ規模が小さいが、電力供給不安への保険としてどこまで投資をできるかが市場拡大を左右する。

「産業・業務用」について、2012年度はFITの施行や、震災後の電力供給不安への対策措置で、前年度比3倍の5446億円が見込まれる。今後は、太陽光発電システムが大幅に拡大するとともに、洋上を中心とした風力発電システム、燃料電池システムなどの伸びにより、2020年度には2011年度比5.3倍の9582億円が予測される。

「住宅用」について、2012年度はヒートポンプ式給湯システムがマイナスとなり、太陽光発電システムも伸びが鈍化したことから、2011年度比1.3%増に留まると見込み。しかし、2013年以降はヒートポンプ式給湯システムがプラスに転じ、太陽光発電システムの伸びも上向くことから、2020年度には2011年度比2.1倍の2兆152億円と予測されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.