> > 2012年度 産業用太陽光発電システムSI市場 前年比4.6倍の4800億円に拡大

2012年度 産業用太陽光発電システムSI市場 前年比4.6倍の4800億円に拡大

 印刷 記事を保存

富士経済は、2012年7月より施行された固定価格買取制度(FIT)により需要拡大が期待される「太陽光発電システム」や「風力発電システム」「地熱発電システム」「小型水力発電システム」をはじめ、それら不安定な自然エネルギーの普及により必要性が高まっている「蓄電システム」、新エネルギー関連として注目される「燃料電池システム」や「ヒートポンプ式給湯システム」の国内市場を調査し、その結果を報告書「2012優遇政策導入で加速するエネルギーBOS市場の現状と将来展望」として発表した。

これによると、2012年度の産業用太陽光発電システムSI市場は、FITの実施と震災後の電力供給不安の対策で需要が拡大し、前年比4.6倍の4800億円と増加が見込まれる。また、2012年度の産業用風力発電システムSI市場は、陸上での設置適地が減少し、2010年には補助金も打ち切られ、新たな設置は困難な状況にあるため、前年比4.0%減の240億円が見込まれる。今後は洋上設置にシフトしていくと見られ、2020年度には2011年度比4.5倍の1120億円が予測されている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.