> > 東北電力、風力発電の随時受付を継続、「連系線を活用した実証試験」説明会も開催

東北電力、風力発電の随時受付を継続、「連系線を活用した実証試験」説明会も開催

 印刷 記事を保存

東北電力は、今後の風力発電の受付について、東京電力と共同で行う「連系線を活用した実証試験(40万kW)」分を含め、200万kW程度まで受付が可能との見通しが得られたことを受け、「通常型」と「出力変動緩和制御型」の随時受付を今後も継続すると発表した。

同社は、本年7月の再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT法)施行等を受け、検討したところ、今回の見通しを得た。FIT法に基づく国の設備認定を受けた案件については、受付区分に関わらず随時受付する。通常型は上限が127kWで、受付残量は46.6万kW(11月9日時点)。但し、連系量の拡大策である「出力変動緩和制御型風力」(蓄電池等併設型、出力2,000k以上)については、引き続き33万kWを上限として、自治体の同意などを要件として随時受付する。受付残量は3.7万kW(11月9日時点)。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.