> > 東北電力、風力発電の随時受付を継続、「連系線を活用した実証試験」説明会も開催

東北電力、風力発電の随時受付を継続、「連系線を活用した実証試験」説明会も開催

記事を保存

東北電力は、今後の風力発電の受付について、東京電力と共同で行う「連系線を活用した実証試験(40万kW)」分を含め、200万kW程度まで受付が可能との見通しが得られたことを受け、「通常型」と「出力変動緩和制御型」の随時受付を今後も継続すると発表した。

同社は、本年7月の再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT法)施行等を受け、検討したところ、今回の見通しを得た。FIT法に基づく国の設備認定を受けた案件については、受付区分に関わらず随時受付する。通常型は上限が127kWで、受付残量は46.6万kW(11月9日時点)。但し、連系量の拡大策である「出力変動緩和制御型風力」(蓄電池等併設型、出力2,000k以上)については、引き続き33万kWを上限として、自治体の同意などを要件として随時受付する。受付残量は3.7万kW(11月9日時点)。

東北電力「今後の風力発電の受付」より

受付区分
(出力等)
必要な下げ代・
周波数変動対策
受付量等 受付残量
(11月9日現在)
通常型 下げ代不足時の出力 抑制または停止 上限を127万kWとし、引き続き、設備認定を受けた案件について随時受付いたします。 46.6万kW
出力変動緩和制御型
(蓄電池等併設型)
(出力2,000kW以上)
下げ代不足時の出力抑制または停止・出力変動緩和制 自治体の同意などを要件として、引き続き33万kWを上限に随時受付いたします。 3.7万kW
連系線を活用した実証試験
(出力制御型)
(出力2,000kW以上、 特別高圧連系)
下げ代不足時の遠方 指令による出力制御 さらなる連系可能量の拡大を目指し、合計40万kWの実証試験のうち、23年度の受付分を除く残量について受付いたします。 17.0万kW

更なる連系量拡大施策である、「連系線を活用した実証試験(40万kW)」は、東北地域をそれぞれ単独で考えると、風力発電の出力変動に対応する調整力が不足するため、東京電力の調整力を利用することにより2社間による実証試験として行うもの。東北電力は40万kW分について風力発電事業者を募集している。今回は、平成23年度受付の連系候補者確定分を除いた残量17万kWの受付を行う。

なお、実証試験の受付要件および系統連系に関する技術要件などの詳細については、12月14日(金)に開催する説明会で知らせるとともに、説明会開催後、同社ホームページでも公表する予定。

同社では、平成32年度(2020年度)頃までに風力発電の連系量を200万kWとする目標を掲げている。同社では、風力発電の運用状況や出力実績データの検証などを継続して行うことで、今後とも風力発電の連系拡大の検討を進めていくとしている。

【参考】
東北電力 - 今後の風力発電の受付と「連系線を活用した実証試験」に係る説明会の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.