> > 青森県、再エネ導入事業者への融資枠拡大、風力発電設置に対する利子補給制度も創設

青森県、再エネ導入事業者への融資枠拡大、風力発電設置に対する利子補給制度も創設

記事を保存

青森県は、再生可能エネルギー発電事業に参入する企業を支援するために、11月1日から、現行の制度融資を拡充するとともに、風力発電設備設置事業に対する利子補給制度を創設する。7月から開始された再生可能エネルギーの固定価格買取制度を地域振興の好機ととらえ、より多くの県内事業者が同発電事業に参入できるようにするのが狙い。

融資の拡充では、再生可能エネルギー(太陽光風力、小水力、地熱、バイオマス)による発電設備導入を、各融資制度の対象事業として追加し、一事業者あたりの最大利用可能額を拡充した。

再生可能エネルギー発電事業に参入する県内事業者が利用できる融資制度として、「未来への挑戦資金」(限度額は4.8億円、ただし、創業者の場合は所要額の80%以内)、「工場整備促進資金」(限度額は設備投資予定額の80%、ただし、上限5億円)、「企業導入促進資金」(限度額は設備投資予定額の80%、ただし、実施地域により(1)電源地域:10億円、(2)その他地域:5億円を上限とする)、を用意した。

また、風力発電設備を導入する県内事業者が、上記の融資制度を利用する場合に、償還利息相当額のうち、最大12カ月分を補助する。県内で風力発電設備を導入する事業者のうち、 (1)県内に本社を置いていること、(2)資本金の50%を超える額を県内の個人又は法人が出資していること、の条件に該当する事業者が対象。

【参考】
青森県 - 再生可能エネルギー発電の導入拡大を目的とした制度融資の拡充等について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.