> > 福井県越前市、市有施設で屋根貸し事業開始 太陽光発電事業者募集

福井県越前市、市有施設で屋根貸し事業開始 太陽光発電事業者募集

記事を保存
福井県越前市、市有施設で屋根貸し事業開始 太陽光発電事業者募集

福井県越前市は、降雪量の多い同県内では初めて、市有施設の「屋根貸し」による太陽光発電事業を実施することとし、参加する事業者を公募すると発表した。公募対象施設は、排水処理施設や小中学校屋内運動場など8施設で、延べ南側屋根面積は約4,100平方メートル。公募型プロポーザル方式により施設毎に事業予定者1者を選定する。平成26年3月31日までに発電開始を目指す。

同市では、7月に開始された固定価格買取制度を積極的に活用し、公共施設への太陽光発電の導入を促進するため、本事業の実施を決めた。市内の太陽光発電の普及拡大、地元の施工業者等の参加による地域経済の活性化と市有施設の有効利用を目的としている。本事業による太陽光発電設備設置容量は推計約480kwで、一般家庭約100軒分の電力使用量に相当する年間発電量を見込む。

本事業に参加を希望する事業者は、市が提示した屋根貸し対象施設の中から施設を選択し、企画提案書を提出する。提案は公募対象となっている施設毎に行う。

また、企画提案書では、事業実施のための企画、資金調達、設計、工事及び管理運営方法のほか、

  1. 使用料(年額)
  2. 多くが災害時には住民の避難所となるため、災害発生時(停電時)の非常用電源としての活用方法(水循環センター、白崎農業集落排水施設を除く)
  3. 環境教育の教材としての活用など、市公共施設の運営にメリットがある取り組み

について求めている。

越前市武生南小学校 屋内運動場

使用料(年額)は、「調達価格×太陽電池容量の合計(kw)×1000×公募提示係数(3/100以上)」の計算式で算出し、公募提示係数は、応募者の提案とする。なお、「調達価格」は「1kwhあたりの売電価格」(平成24年度価格 42円(40円+消費税))としている。

同市では、固定価格買取制度を最大限活用できるように売電期間20年間の屋根の使用を許可する。応募資格は、日本国内に本社(店)を有する法人で、複数法人の連合体などでも応募可能)だが、太陽光発電設備設置工事の施工は、市内に主たる事務所を置く事業者が行うことを条件としている。

企画提案書受付期間は12月10日から12月14日まで。12月20日に選定委員会議を開催し、12月21日に選考結果を発表する予定。

【参考】
福井県の産業用太陽光発電の補助金
越前市 - 市公共施設屋根貸しによる太陽光発電設備普及事業公募要領について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.