> > 群馬県、「電源群馬プロジェクト」立ち上げ

群馬県、「電源群馬プロジェクト」立ち上げ

 印刷 記事を保存

群馬県は、地域の特性を活かした太陽光、小水力等による発電をいっそう推進するため、再生可能エネルギー発電施設の県内設置を早期に実現する「電源群馬プロジェクト」を1月に立ち上げた。本プロジェクトを確実に推進するため、副知事が主宰する全庁的な取り組み体制として、「電源群馬プロジェクト推進会議」を設置し、「県における導入可能箇所の選定及び具体的な導入手法等」「民間施設や遊休地への導入促進」を柱に検討を進めていく。

具体的な検討内容として、太陽光発電では「県有施設、県有未利用地の活用」「民間施設、遊休地と発電事業者とのマッチング」「災害時の電源確保に向け、コンビニや高齢者介護施設の屋根などへの導入促進の検討」、小水力発電では「県が管理する工業用水や上水のほか、農業用水等の活用」、バイオマス発電では「畜産、木質バイオマスの活用」、小型風力発電では「小型風力発電の可能性の検討」をあげる。

(※全文:745文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.