> > 京セラの太陽光・蓄電システム・HEMS 三井不動産の建売分譲住宅に採用

京セラの太陽光・蓄電システム・HEMS 三井不動産の建売分譲住宅に採用

記事を保存
京セラの太陽光・蓄電システム・HEMS 三井不動産の建売分譲住宅に採用

京セラは、同社製の「太陽光発電システム」「蓄電システム」「HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)」が、三井不動産レジデンシャルが手がける「ファインコート大塚(東京都豊島区)」に採用されたと発表した。

ファインコート大塚は、「太陽光発電システム」「蓄電システム」「HEMS」「家庭用太陽電池」「EVパワーステーション」「LED照明機器」を採用した全国初のスマートハウス。創エネ、蓄エネ、省エネの3要素を取り入れることで、ピークシフトや環境負荷の軽減、光熱費の低減を実現する。すでに全21戸着工しており、今年7月にから販売を開始する予定。

各システムの特徴は、以下の通り。

住宅用太陽光発電システム

住宅の屋根との調和を徹底的に追求した「SAMURAI」シリーズを採用。サイズの異なる3タイプの太陽電池モジュールを組み合わせることで、屋根上の設置スペースを有効活用し、外観の美しさに加えて、設置容量の増加を実現する。

リチウムイオン蓄電システム

高耐久・大容量7.2kWhのリチウムイオン蓄電池を搭載。これにより継続した電力供給が可能となり、電気製品を最大12時間連続して使用可能。

HEMS「ハウスマイルナビィ」

パソコンやテレビ、スマートフォン、タブレット端末などで太陽電池の発電量や蓄電池の充放電状況など家庭内エネルギーの見える化が図れ、エネルギーの効率運用が可能。部屋ごとの電気使用状況などを確認でき、電気料金の節約に役立つ。

【参考】
東京都豊島区に太陽電池・燃料電池・蓄電池・HEMSを備えたスマートハウス

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.