> > 東芝グループ会社、横浜に1.5MWのメガソーラーを設置

東芝グループ会社、横浜に1.5MWのメガソーラーを設置

記事を保存

東芝は、コージェネレーションシステムにより発電事業を展開してきたグループ会社の「シグマパワー土浦」が「シグマパワー太陽光」と改称し、4月1日より太陽光発電事業を開始すると発表した。

シグマパワー太陽光では、東芝横浜事業所(神奈川県)内に、発電出力1.5MWのメガソーラー発電設備を設置。高効率のパワーコンディショナーなど東芝グループの太陽光発電技術により発電効率の最大化を目指す。発電電力量は年間約200万kWh(一般家庭約550世帯分の年間使用電力量に相当)。

シグマパワー太陽光は、東芝キヤリア掛川事業所(静岡県)、東芝姫路工場(兵庫県)、東芝姫路半導体工場(兵庫県)にも、発電出力1.5~2MWクラスのメガソーラー発電設備の設置を計画しており、2013年度内に合計6.5MWの電力供給を行う予定。また、今年10月に川崎に開設予定のスマートコミュニティセンターや東芝府中事業所(東京都)にも太陽光発電システムを設置し、発電能力の拡大を図る計画。

東芝は、これまで火力発電、原子力発電、再生可能エネルギーとして、水力発電、地熱発電、太陽光発電、風力発電などの発電プラントに機器を供給してきた。今後は、発電事業を通じて再生可能エネルギーの普及により貢献するとともに、発電会社の運営を通して得た知見を技術開発にフィードバックしていくことで、発電機器事業のさらなる拡大を図っていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.