> > 三菱電機、屋外設置可能な高出力5.5kWのパワコンを新発売 住宅用太陽光発電向け

三菱電機、屋外設置可能な高出力5.5kWのパワコンを新発売 住宅用太陽光発電向け

記事を保存
三菱電機、屋外設置可能な高出力5.5kWのパワコンを新発売 住宅用太陽光発電向け

三菱電機は、建物の外壁など屋外にも設置できる定格出力5.5kWタイプの国内住宅用太陽光発電システム向けパワーコンディショナを7月30日に発売する。希望小売価格(税込み)は63万円。

戸建住宅・集合住宅ともに、再生可能エネルギー固定価格買取制度の実施などから発電の大容量化が進んでおり、高出力で高効率なパワーコンディショナが求められている。同社は今回、屋外設置可能タイプのパワーコンディショナに、従来の1.8kWタイプ、4kWタイプに加え、高出力5.5kWタイプをラインアップし、発電の大容量化への対応を強化する。

特に同制度において全量買取の対象となる10kW以上のシステムを組む場合、従来、4kWタイプを3台使用しなければならないところを、5.5kWタイプであれば2台でシステム構築が可能となり、導入費用の低減と省施工を実現した。製品の横幅は630mmとし、4kWタイプと同一とすることで、複数台を組み合わせて設置する場合でも建物外壁の意匠性を損なわず、すっきりと設置できるようにした。

また、本製品は、同社独自の「階調制御インバーター方式」により、屋外設置可能タイプでは業界トップクラスの電力変換効率96.0%を達成。太陽電池モジュールで発電した直流電力を家庭で使える交流電力に効率よく変換することで、システム全体での高出力化を実現した。「階調制御インバーター方式」は、電圧の異なる複数のインバーターを接続し、出力を組み合わせて擬似正弦波の電圧を生成する方式をいう。

さらに、本体内蔵のLEDディスプレイに発電電力や運転状態を表示するとともに、連系運転/停止/自立運転の切替スイッチを内蔵し、操作用のリモコンを不要とした。これにより、リモコンの費用を抑制できるほか、本体とリモコンの配線工事も不要となった。

パワーコンディショナは、太陽光発電システムで発電した直流電力を家庭で使える交流電力に変換する役割を担う。より高効率な太陽光発電システムには、太陽電池モジュールだけでなく、パワーコンディショナの電力変換効率の向上も重要となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.