> > 北都銀行、メガソーラーに融資 秋田県内初のプロジェクトファイナンスを組成

北都銀行、メガソーラーに融資 秋田県内初のプロジェクトファイナンスを組成

記事を保存
北都銀行、メガソーラーに融資 秋田県内初のプロジェクトファイナンスを組成

北都銀行(秋田県秋田市)は、太陽光発電事業を行う特別目的会社(SPC)の風の王国・潟上(秋田県潟上市)との間で、プロジェクトファイナンス契約を締結したと発表した。秋田県内では初めて地域金融機関アレンジャーとして、太陽光発電事業向けに組成したプロジェクトファイナンスとなる。

融資の対象は、同社が秋田県潟上市において、県有地を借り受けて実施するメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業。発電規模で2,225kw、年間発電量は1,743Mkwhを見込む。今秋の稼働を予定している。風の王国・潟上は、本事業のために、地元建設会社の菅与組(秋田県潟上市)、石材会社の寒風(秋田県男鹿市)、専用架台を用いた太陽光発電システムを展開するアイセス(秋田県南秋田郡井川町)、風力発電事業の風の王国(秋田県秋田市)の4社が出資し設立した。

プロジェクトファイナンスは、同行の新たな融資形態となる。同行では、今後も地域金融機関が主導で行う地域版のプロジェクトファイナンス等を通じて、地域経済の活性化に資する活動を展開するとともに、新エネルギービジネス、アグリビジネス、シニアビジネスなどの地域の潜在ニーズのある分野への取り組みを強化していく考えだ。

プロジェクトファイナンスとは、ある事業の資金調達において、その事業から生み出されるキャッシュフローのみを返済原資にあてるファイナンス形態。担保は、当該事業に関連する資産(契約上の権利も含む)に限定し、事業を行う親会社の保証、担保提供等は、原則行わない。プロジェクトファイナンスは、このような性質上、一般的に公共性の高い事業で用いられる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.