> > 積水ハウス、住宅のCO2排出削減でクレジット制度利用 民間で国内最大

積水ハウス、住宅のCO2排出削減でクレジット制度利用 民間で国内最大

 印刷 記事を保存

積水ハウスは、住宅に設置した太陽光発電システム燃料電池により削減されたCO2排出量7,271トンを取りまとめ、第32回国内クレジット認証委員会において国内クレジットとして認証を受けたと発表した。このクレジットを用いた排出権取引による売却益は、環境貢献活動へ寄付される。

今回、国内クレジットとして認証されたのは、積水ハウスと積水ハウスリフォームが太陽光発電システムと燃料電池を設置した住宅のオーナーが入会する「グリーンファースト倶楽部」(会員数17,108名、2013年2月時点)によるCO2排出削減量を取りまとめたもの。積水ハウスが国内クレジット制度に基づき同倶楽部の運営・管理を行っている。

(※全文:1,080文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.