> > 安川電機、太陽光発電用パワコン100kWクラスに200V級機種を投入

安川電機、太陽光発電用パワコン100kWクラスに200V級機種を投入

記事を保存
安川電機、太陽光発電用パワコン100kWクラスに200V級機種を投入

安川電機は、太陽光発電向けの産業用パワーコンディショナー「Enewell-SOL 100kW」に、工場の屋根等、中容量用途に最適な200V級の機種をラインアップし、10月8日より販売を開始する。2013年度の販売計画は100台。

近年は、全量固定価格買取制度の後押しもあり、1,000kWを超えた大規模容量のメガソーラーの事例や、工場の屋根等に設置する中容量用途のニーズが増えている。メガソーラーの用途では、400V級の機種や10kWの機種を使った分散型設置で対応が可能だが、中小規模のニーズに対応するため、200V級の機種を製品化した。本製品では、長年培ってきたインバータの技術を生かし、幅広い入力電圧(入力電圧DC250V〜600V)をはじめ、長い設計寿命とメンテナンス性、そして、系統停電時の非常負荷運転用として自立運転機能など備え、信頼性が求められる産業用途に対し対応する。また、商用トランスによる絶縁方式とすることで、シリコン薄膜を含むあらゆるタイプの太陽電池に使用可能とした。さらに、内部モジュール化によるメンテナンスの容易化を図った。

同社は、中期経営計画「Realize 100」における新規事業の柱の一つである「環境・エネルギー」事業領域の取組みを強化している。なかでも、風力や太陽光など自然エネルギーによる発電関連事業を「創エネルギー」分野と名付け、同社のパワー変換技術をベースに自然エネルギーを効率よく活用する製品開発を進めている。

この「創エネルギー」分野の柱の一つとして、太陽光発電用パワーコンディショナーを開発、2010年から産業用として10kWクラスを、また2011年から中・大容量機種として製品化した100kWクラス(400V級)を販売している。今回は、400V級と同じ容量で200V級の機種を発売する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.